R45. あーるよんごーどっと。〜四捨五入すれば五十路だ!
旧「プッシュバイク淡路島」
ブログを引っ越し、名前も新たに。
Profile
Search this site.
Health Planet
坂バカ計算機β1
坂バカ計算機β1
高低差(m)
距離(m)
体重(kg)
バイク重量(kg)
その他重量(kg)
目標タイム(分)
平均出力(W)
平均速度(km/h)
MOBILE
qrcode
Others
合同朝練_2017_08_30

朝練のネタもブログで書くのは久しぶり。

いつもの合同朝練も今年も4月から毎週水曜日にやってたのですけど、ブログの更新はサボってましたね。
今年の朝練は、外国からのお客さん迎えて走ったり、淡路に住んでおられる遠方のかたやら参加でなかなかにインターナショナル。
ホントびっくりくりなことです。
今回のコースはいつもの内陸。江井桃川から山田水車公園横を通って大町、中田。
途中、高原のように開けた場所があるのですが、お天気くもりでちょっと残念。
それでも、初めての方にはよろこんでいただいたようで、コース設定したかいがあるってもんです。
7人も集まるってどうよ?今期は最大人数ですかね。
朝のうちは交通量も少ないので、7人パックでもなんとかいけるかな。
これ以上多くなると、ちょっと考えないとね。
みなさん、おつかれさまでした。次週もヨロシク。
あっ、乗鞍のお土産、持って行くの忘れてた...(^_^;
大したものではありませんけど、来週にご期待!
| 木蓮会 | 23:59 | comments(0) | まんべ | このページのトップへ
2017マウンテンサイクリングin乗鞍

備忘録として。

 

この土日、長野県は松本市の乗鞍エコーラインをコースとしたヒルクライムレース「マウンテンサイクリングin乗鞍」に参加しました。

朝の7時過ぎに自宅出発、中国道、名神、東海北陸道で高山。
昼飯はゼイタクして道の駅「ななもり清見」で飛騨牛カルビの焼き肉な御膳。

超うまうま!脂がとろけます。これはクライマーが絶対食っちゃいけないヤツです。(^^;

 

高山から安房峠道路を目指して東へ進みますが、正面奥には乗鞍岳の姿がくっきり。
いままでこんなん見たことないくらい、空気が澄んでいます。
前日まで雨だったおかげでしょうか。

 

安房トンネルを通過、上高地への入り口を左手に見、R158を下ります。
普通ならR158からはK84を乗鞍高原へ登って行くのでしょうが、去年からK300で白骨温泉経由で行くことにしています。
道は狭く舗装も相当悪いですが、受付会場周辺の渋滞を回避できるのと、宿へはこちらのほうがアクセスよいので。

宿の駐車場に14:30着。ここを定宿にしておられる愛媛のチョー速い人とも再会できました。
車を置いて、受付会場まで歩いて。ちょっと遠いですが、今日は気持ちのいい散歩。
受付を済ませ、出店ブースをぶらりと覗いてから宿へもどります。

 

ひとふろ浴びて、夕食、そして早めの床へ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レース当日は4時とちょっと早起き。7回目の参加にして、初めてウォーミングアップのローラーをまわします。
もちろん周囲は真っ暗、気温も7、8℃でしょうか。約15分、じんわり汗がにじむくらいで終了。

宿の朝飯を5時からいただいて、その後チェックアウト。
5:45、下山用預け入れ荷物をもって会場へ。
会場では風もなく、日向ではわりと暖かい。着ていたウインドブレーカーもリュックのなかに押し込んで預け入れ。
スタートを待っている間も夏用半袖ジャージ上下、ウォーマーも無しでOKでした。

 

おじさんカテゴリー 7:53スタートです。いつものように、ゆっくりとスタート。
徐々にペースを上げて・・・いきたいのは山々ですが、なぜか心拍が160〜165程度とあまり上がってきません。
踏み込めば上げられるかもしれませんが、前半は脚は使いたくないし。
後半に斜度があがってキツくなるのはわかっていますから、ここはのんびりいきましょう。
中間地点を過ぎ、心拍もようやくじわっと上がって170前後。脚は結構残っています。
シッティングで99%、ダンシングを気分転換に使いながら後半を乗り切ります。
最後までへたれずに回せました、の1時間17分9秒。赤FUJI号のころのパーソナルベストを6年ぶりに更新です。

加齢によるパフォーマンスの低下は機材でカバー。
やっぱカーボンC24は軽いね(^_^;

 

タイムもまずまずでしたが、それ以上のご褒美はやっぱりこの景色!
7回も登ってますが、こんなお天気なのは見たこと無い!
やっぱりアノ方が来ているからなのか。

 

 

ゴール地点で知り合いを探してみますが・・・さすがにコレだけ人が居ると見つけられません。
しかたなく下山の列に並んでいると、、、あっ、晴れ大明神様発見!
ま〜し〜さんでした。すごくお久しぶりです。いつ以来でしょうかね。
その後、一緒にダウンヒル。おつかれさまでした。

 


下山後は会場で完走証をもらいます。タイムも印刷されてるのでこれで正式記録がわかります。


割引券使って風呂に入って、来た道を戻ります。
途中仮眠とったり、お土産に買おうと思った赤福が売り切れだったり、渋滞を避けようと国道8号廻ったら、渋滞の高速より遅くなったり…
日がかわるころ無事帰着。


いろいろ楽しかった乗鞍、ほんとうは今年を最後にして、来年以降は同日開催の別のレースに出ようかなと思ってたのですが。
いや、やっぱり楽しすぎです、乗鞍。

 

---

移動距離、往復で900kmぐらい。往きはよいけど、帰りを考えると特急ひだ輪行のほうがやっぱりいいかな。
乗鞍周辺、工事中で片側通行等何カ所かあったしな。
最終軽量化の際、乗鞍自然保護センターのトイレは40分くらい待ったぞ。仮設トイレに行くべきだった。

 

| 自転車活動 | 15:28 | comments(4) | まんべ | このページのトップへ
7th久万高原ヒルクライムレースに参加

数えれば、このレースにももう5回目の参加。

機材はととのってますが、体は劣化の一途。

 

前日はやっぱりばたばたして、睡眠3時間ほどで2時過ぎに起き。

3時前に出発、7時前に会場着。

受付、検車、荷物預けを済ませてローラー。

陽が当たるところでやったら大汗。

会場をウロウロしてたら知り合いに声をかけてもらった。

やっぱジャージはよく目立つ。

 

 

いつものようにスタート地点まで下って、そこから10名づつスタート。

スキー場入り口まで33分30秒ちょっと、まあまあのペースかと思ったが後半踏めず失速。

ここのコースは後半が斜度がきついので、失速しがちですが、だいたい35分ぐらいでスタミナも切れるので、それが重なってまったく進まず。

 

5出場中、ワースト2の記録。

 

自分の記録はともかく、知り合い二人が年齢別優勝で、表彰式も拝見。

うちひとりは総合でも2位とべらぼうな速さ。スゴすぎます。

 

2012 1時間1分39秒

2013 ーーーーーーー

2014 1時間1分22秒

2015 1時間0分24秒

2016 1時間2分07秒

2017 1時間1分53秒

 

かろうじて踏みとどまっているような気もしますが、ここ何年かは夏場の暑さにやられぎみ。

寝ても翌朝ぐったりだし...(/。\)

 

| 自転車活動 | 10:55 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
瓶が森・四国カルストツーリング「二日目 四国カルスト編

 

一日目の宿は松山市内。デラックスなルームでやたらと広いバストイレ(^^;

心残りは、目星をつけていた「今治焼き鳥」のお店が閉まっていたこと。

これはリベンジしなければ。

 

松山を出発、久万高原を目指します。とある道の駅にデポしたら、帰りには「長時間の目的外使用はご遠慮ください」

との張り紙。ごめんなさい、もうしません...m(_ _)m

 

通称「軍艦岩」のそばを通り過ぎ、R33を南下。

 

R440へ、ループを上り、長いトンネルを上る。このトンネルは歩道が広かったので、そちらを走行するのが安全。

合格間違いなし!なバス停で休憩し。

 

K36経由で大野ヶ原へ。車で地芳峠に向かうには、K36に入ってまもなく左折のショートカットがあるのですが、今回はK36をそのまま進みます。この道は交通量も少なく、木漏れ日の下の快適な道。勾配も緩いので、自転車にもお勧め。特に真夏は。

ただ、道は狭いところがあるので、たまに通る車には注意です。

 

視界が開けてきたとおもったら、大野ヶ原到着です。ここも、四国カルストの西の端、カルスト台地っぽい、開けた景色が気持ちいい。

 

大野ヶ原からは尾根筋にあるK383を通って地芳峠を目指します。

前方奥には、いまから向かう四国カルストの象徴、五段城も見えています。

 

地芳峠を過ぎ、しばらく走ればほどなく姫鶴平。ここにあるレストランで昼食をとることになるのですが、3連休の最終日ということもあってか、なかなか注文の処理が追いついてない様子。ホールもキッチンも割と高齢な方ばかり。アルバイトの学生でも雇ったほうがよいのでは、とは、要らぬ詮索。

 

 

ちょっと雲は多めでしたが、水蒸気は少なめ、遠い稜線までよく見えてます。

 

くまさんもご満悦。

 

・・・帰り道、上は快適だったのですが、下りてくるとうだるような暑さ。たまらず水辺を見つけて涼をえる。

 

砥部の温泉で汗を流して、無事帰路へ。

 

| 自転車活動 | 10:00 | comments(4) | まんべ | このページのトップへ
瓶が森・四国カルストツーリング「一日目 瓶が森編」

しばらくブログを更新してなかったら、書き方も忘れてしまった...orz

 

ま、内容も大したことはありませんから、気楽に行きます。備忘録です。

 

 

7月16日、日曜日。朝6時に某ICの駐車場にてヨシさんと待ち合わせ。

自転車を積み込んで高速を南下。徳島道、松山道、いよ西条で下りてR194。

四国一長いという寒風山トンネルを抜け、道の駅木の香へ。

 

10:00すぎ、出発。R194を少し戻り、寒風山トンネルの手前を右手へ。瓶が森を目指し森の中を登ります。

平地よりかは幾分標高も高いし、木立のなかは涼しく、快適な上り。

 

道はそんなに広くはありませんが、路面は意外と良く、走行になんら支障はありません。

最初は勾配も最初はそれほどではなく、快適な山岳ツーリング。

ですが、上に行くほど勾配も徐々にキツくなっていきます。

 

12:00すこしまわったところで、目の前にとびこんできましたUFOライン。

最初はちょっと雲がかかっていましたが、しばらくすると奇麗に晴れました。

当初の天気予報を覆す、ヨシさんの千光寺参りが功を奏す。いや、ご利益ありますね。

 

 

さらに進んで瓶が森を目指します。

 

とーちゃく。噂通り、ブヨがたくさん飛び交っています。じっとしてるとすぐ寄ってきます。

なぜか自転車にも集っています。何にあつまるんでしょうね。

 

道の駅木の香の温泉で汗を流して、宿のある松山へ。もう、陽もかたむいているというのに灼熱地獄のよう。

松山って暑いね・・・

 

二日目「四国カルスト編」へつづつ。

| 自転車活動 | 18:40 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ