R45. つれづれなるままに、その日暮らし。各種備忘録。
旧「プッシュバイク淡路島」http://manbe.jugem.jp/
旧「プッシュバイク淡路島onFC2」http://pbawaji.blog.fc2.com/
現在「R45ドット」http://r45.jugem.jp/
Profile
Search this site.
Health Planet
坂バカ計算機β1
坂バカ計算機β1
高低差(m)
距離(m)
体重(kg)
バイク重量(kg)
その他重量(kg)
目標タイム(分)
平均出力(W)
平均速度(km/h)
MOBILE
qrcode
Others
富士山ヒルクライム2018 75分40秒

2018.6.9 レース前日

朝6時には出発しようと思ってたものの、お見送りいただいたりだべってたりしたらちょっと出遅れ。

行きは高速代をけちるため、阪神高速で水走まで行って阪奈道路、奈良を横切って天理ICから名阪国道。

亀山からは東名阪、伊勢湾岸、新東名。

新東名は一部区間110km/hとなってましたが、体感あんまり変わらないかな...

ぬふわkm/hとか、エアコンかけて登りを踏み込めば燃費悪くなるけど、東名より距離が短いし、時間も20分くらい違ってくるので結局はエコか。

景色を楽しみたいのでなければこっちもありかと。

 

今年も富士宮でやきそば。去年とは違う店で、ミックス。旨し。

 

先に宿へ行き、駐車をお願いしてからチャリで会場へ。

去年の教訓、駐車場周辺の大混雑を回避。

 

受付を済ませると、チップやら記念品の入ったビニール袋が渡される。

これに下山用の荷物を入れ、シールを貼って預け入れ。前日に済ませておくのが吉。

 

そのあとは河口湖周辺をチャリで散策。橋を越え、春風さんで豚キムチほうとうをいただく。

カーボローディング。

 

河口湖から夕日を眺める。

富士山は雲の中。

宿にもどってチェックイン。

おっと、その前にホイールを決戦用に、シューもカーボン用に交換。

 

 

2018.6.10 レース当日

4時45分起床。

5時30分チェックアウトして、ローラー。

6時、チャリで会場へ向かう。

6時30分会場着。第5ウェーブの待機場所へ。

7時15分、会場を出発、パレードライドののちコースへ。

 

最初の5kmは予定通り走れたが、その後5kmごとに予定より20〜30秒程度づつビハインド。

イーブンペースを気にしすぎたか。心拍も少し下がり気味。

最後の4kmは9分30秒だから、想定内。

特に10kmから20kmの区間が遅いようだ。いずれにせよ、これが実力だな...

シルバーに40秒届かず。来年は第4ウェーブあたりで出れるはず。

今年は実績踏まえてのスタートグループ分けが導入された。

同じぐらいのレベルの人と走るとペース掴みやすくていいですね。

 

 

 

 

下山ののち、会場でふるまいの吉田うどんをいただく。

 

 

温かいのはありがたいな。おかわりは300円になってた。あれ?去年200円だったのでは?残念。

 

会場ではK本さんから声をかけてもらう。

かなり絞り込んでて一瞬誰かわからなかったよ。

選抜クラスもきびしーね。。。

 

帰りはあえての東名を通って。富士川SAで昼ごはん。

油そば、超コッテリ。旨いものは脂肪と糖(炭水化物)で出来ている....

 

 

来年は40代カテゴリー最後の年か。シルバー欲しいな。

| 自転車活動 | 12:16 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
2nd吉野大峯ヒルクライム2018
沈没してたわけじゃないんですよ、ただ更新をサボってただけ。
今年はこれが2レース目。

日曜日、奈良県は吉野ヒルクライムに参戦。桜で有名なあの吉野。

朝4時10分ごろ自宅を出発。すぐ高速道に入り阪神高速神戸線、環状線、南阪奈道路で葛城市、R169。

6時30分には現着も、メインの駐車場は8割がた満車。
朝飯食いながら早速ローラー。受付は7時30分からとの案内であったが、会場のアナウンスでは7時からに早まったみたい。
予定通り7時30分までアップしてから受付。自転車用のナンバープレートをハンドルに、ジャージ用のゼッケンをバックポケットに。チップはフォークにベルクロとめ。
500人規模の大会のため、最終軽量化の列に並ぶ人は少なめ。
ゼッケン順に自転車持って整列した状態で開会式を待つ。
ここで前3列ぐらいに知った顔。ハブ淡路のイベントでご一緒したHさん、Kさんコンビ。
まさかこんなところで、でしたがちょっと気合が入る。
定刻になり、パレードライド、スタート地点までをつづら折れの坂道を下る。
おそらくこのあたりが桜の名所、いまは葉桜でただ緑なだけ。
下まで下ってしばしスタートを待つ。
割と雑なスタート。100名くらいががっさーっと。チップによるネット計測なので慌てない...
けど、Garminの電源入ってない!OMG。
このころは曇りで暑くも寒くもなく、ヒルクライムにはちょうど良かった。
前半はわりと緩斜面。5%ないかな、速度も25kmとか出てます。
ときおり下りも入ってハイペース。後半10%程度ありますが、総じて勾配は緩い。
路面は一部アスファルトに亀裂、前走者で見えずにリアホイールをガリッとやる。
ちょっとショック。サイドカットしてないことを祈りつつライド。
ときおり後ろからきた小集団にさーっと抜かれる。これについていけないと50分切りは無理なんだろうな。
35分の壁も無事通過、エネルギー切れもなくゴール。54分8秒と予定の55分をクリアしたからま、いいか。
1月ほど、全く走ってなかった割には...。
レース中と下りにサーっと降られたが、ずぶ濡れになるほどでもなく、まずまずセーフ。
昼食用に1000円の金券があるので、金峯山寺の参道のお店でランチ、カツ丼セットだったかな?
さすがにサイクリスト多い。一般の観光客の方も雨の割には多いかな。
表彰式もリザルトも見ずに帰る。
途中、大阪あたりでは前が見えないほど大雨。
自宅に帰ると、結構降ったようで、もうどの田も代かきReady!な感じ。
前半緩斜面、後半そこそこ。道幅は広くないので注意。落石箇所もあったが、前日の道路整備のおかげか、走行路面上には石はほぼない。が、舗装悪いところあり、注意。グレーチングも多い。
ときおり入る下りはブラインドコーナーに注意。
| 自転車活動 | 13:35 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
初めての青春18きっぷの旅

いずれはやってみたいと思ってた青春18きっぷを使った鉄道旅。

ヨシさんにお誘いいただき、実現することに。

目的地は検討の末、鳥取に。季節がら、カニもあるしね。

 

住んでるところには、みどりの窓口ないし、切符を手配するのが手間だなと、なかなか行くことができなかったのだけど、そこはヨシさん、オクで調達するんだそう。さすが、慣れたものです。

 

朝、乗る列車を決めておいて、それぞれ高速バスで舞子へ。

0713舞子発姫路行きに搭乗。姫路駅で乗り換え、上郡駅へ。

上郡駅では、JRと乗り入れている「智頭急行」を使います。

智頭急行は私鉄なので青春18切符は使えませんが、鳥取行くならこの列車を使うのが時間的にも早いので。

到着したホームの先に智頭急行乗り場があり、そのまま進むと智頭急行の改札です。

そこで、1日フリーきっぷを買い、その先に停車中の列車に乗ります。

こちらも普通列車ですし、単線区間なので特急列車の待ち合わせなどで、ゆっくり。

また、当日朝に発生した信号故障の影響もあって結局40分ほど遅れて鳥取着となりました。

 

途中の駅、「恋山形」は、まっピンク!に塗られてました...

 

 

鳥取到着したらば、すぐ路線バスに乗って鳥取港を目指す予定だったのですが、列車の遅れもあって乗り継ぎタイミングが合わず。

代わりに観光地を巡る「ループ麒麟獅子バス」に1日フリー券を買って乗車。

で、やっぱりここ、砂場に到着。朝からずっと雨でしたが、鳥取到着した頃には上がって、日も差すぐらいに。

適度な湿りで砂丘も歩きやすい。

砂丘歩いて腹も減ったので、賀露の港近くの「かろいち」へ向かい、ランチタイム。

焼きガニ、美味いね。車じゃないからビールも飲める!

スイーツも!お隣の「すなば珈琲」

 

鳥取駅まで、再びループバスで戻り、1658 智頭行きに乗車。

朝の遅れがまだ残っていましたが、上郡駅に戻ってくる頃までには、遅延は解消。予定通り、2030頃には舞子駅へ無事到着。
行きは列車の遅れあってやや時間かかりましたが、帰りは3時間半ほどで舞子までこれましたね。
鳥取、案外近いかも、です。
ヨシさん、楽しい旅をありがとうございました。ちゃりのオフシーズンにはまた行きましょうね!
| 鉄活動 | 23:59 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
新春恒例 ぐるぐる七福神ツーリング

備忘録。

1月3日、チームぐるぐるの新春恒例行事、淡路七福神ツーリング。
ブッチーさんお世話ありがとうございます。
参加はゴンさん、ヨシさん、ブッチーさん、私。
津名の図書館集合、反時計回りにまずは智禅寺。風の強い海岸線を避け、イザナギさんから柳沢を抜け高山経由で。
すでに観光バスも何台か停まっておりましたが、駐車場の端っこには石造りの立派なバイクラック。

 

...そのほかのお寺には木製のバイクラックでしたけど、7ヶ寺全てにバイクラック完備とは、さすが。
ま、小さいので台数は限られますが、せっかく用意していただいてますので、そこらじゅうに散らばらないで
まとめて駐車しましょう。
途中、みぞれ混じりの雨に降られて雨宿りしたりしましたが、概ね快適なライド。
みなさんお疲れ様でした。今年もいっぱい自転車に乗れるといいですね。
| ぐるぐる活動 | 23:59 | comments(0) | まんべ | このページのトップへ
初めての熊野古道あるき(滝尻王子〜近露王子)

備忘録。

先日の日曜、初熊野古道歩き。Blackさんといっしょ。

ちょっと寝坊して、予定の時刻より15分遅れ。

0445 Black邸、ピックアップして出発。

阪神高速もスムーズ。神戸マラソンの日とかぶったので出場者の車も多いか?とも思いましたが意外と少なく。

 

0830 和歌山県田辺市、滝尻。熊野古道館の駐車場の隅っこに車を置かせてもらう。熊野古道館は開館前だったので寄れず。

マップやスタンプラリーの台紙ももらえるらしい。

0835 行程の安全を願って滝尻王子宮をお参り。
この左手よりいよいよ古道歩きスタート!
最初は急な石段、その次は杉の木立の間。根っこに足を取られないように注意しながら。
0925 登ったり、平地になったりを何回か繰り返し1時間弱で飯盛山の展望台。
天気はまずまず。このころがいちばん暖かかった。
さらに歩くこと40分。こんどはフラットで歩きやすい。
1010 高原熊野神社。
すぐ近くの「高原霧の里休憩所」へ。
ばあちゃんしか居ないと思ってたらかわいいお姉さんがお出迎えしてくれたので、すぐ入る。
草餅食って一服。
十丈王子の東屋でお昼にしようかと思ったが、北の風がもろ当たり、風強いのと寒いのでランチを断念。
尾根から南の斜面では風もなく日が当たると暖かいのだが、北側斜面は風強くで寒い。しかも日陰。
ときおりぱらぱらっときたりして、先を急ぐことにする。
1330 結局、牛馬童子口バス停、道の駅まで歩いてようやくランチ。
3分の早ゆでパスタでカルボナーラ。旨し。
ゴールはもうすぐ、ラストスパート。でも、最後まで気が抜けない。濡れた石畳は滑る。
眼下には近露の集落が。
1430 近露王子、とーちゃこ。
箸折茶屋で休憩しようとおもったら、お休みでがっくり。
なかへち美術館前からバスに乗って、滝尻のデポ地まで戻る。
帰り道、阪和道の渋滞に巻き込まれたり、市内の「井出商店」で和歌山ラーメン食ったり。
薄めのチャーシュー旨っ。
2110 無事帰宅。
適度な距離の山歩き、楽しく疲れました。
Blackさん、タカミクラに続き、ありがとうございました。
| 山活動 | 12:40 | comments(4) | まんべ | このページのトップへ