R45. つれづれなるままに、その日暮らし。各種備忘録。
旧「プッシュバイク淡路島」http://manbe.jugem.jp/
旧「プッシュバイク淡路島onFC2」http://pbawaji.blog.fc2.com/
現在「R45ドット」http://r45.jugem.jp/
Profile
Search this site.
Health Planet
坂バカ計算機β1
坂バカ計算機β1
高低差(m)
距離(m)
体重(kg)
バイク重量(kg)
その他重量(kg)
目標タイム(分)
平均出力(W)
平均速度(km/h)
MOBILE
qrcode
Others
富士山ヒルクライム2018 75分40秒

2018.6.9 レース前日

朝6時には出発しようと思ってたものの、お見送りいただいたりだべってたりしたらちょっと出遅れ。

行きは高速代をけちるため、阪神高速で水走まで行って阪奈道路、奈良を横切って天理ICから名阪国道。

亀山からは東名阪、伊勢湾岸、新東名。

新東名は一部区間110km/hとなってましたが、体感あんまり変わらないかな...

ぬふわkm/hとか、エアコンかけて登りを踏み込めば燃費悪くなるけど、東名より距離が短いし、時間も20分くらい違ってくるので結局はエコか。

景色を楽しみたいのでなければこっちもありかと。

 

今年も富士宮でやきそば。去年とは違う店で、ミックス。旨し。

 

先に宿へ行き、駐車をお願いしてからチャリで会場へ。

去年の教訓、駐車場周辺の大混雑を回避。

 

受付を済ませると、チップやら記念品の入ったビニール袋が渡される。

これに下山用の荷物を入れ、シールを貼って預け入れ。前日に済ませておくのが吉。

 

そのあとは河口湖周辺をチャリで散策。橋を越え、春風さんで豚キムチほうとうをいただく。

カーボローディング。

 

河口湖から夕日を眺める。

富士山は雲の中。

宿にもどってチェックイン。

おっと、その前にホイールを決戦用に、シューもカーボン用に交換。

 

 

2018.6.10 レース当日

4時45分起床。

5時30分チェックアウトして、ローラー。

6時、チャリで会場へ向かう。

6時30分会場着。第5ウェーブの待機場所へ。

7時15分、会場を出発、パレードライドののちコースへ。

 

最初の5kmは予定通り走れたが、その後5kmごとに予定より20〜30秒程度づつビハインド。

イーブンペースを気にしすぎたか。心拍も少し下がり気味。

最後の4kmは9分30秒だから、想定内。

特に10kmから20kmの区間が遅いようだ。いずれにせよ、これが実力だな...

シルバーに40秒届かず。来年は第4ウェーブあたりで出れるはず。

今年は実績踏まえてのスタートグループ分けが導入された。

同じぐらいのレベルの人と走るとペース掴みやすくていいですね。

 

 

 

 

下山ののち、会場でふるまいの吉田うどんをいただく。

 

 

温かいのはありがたいな。おかわりは300円になってた。あれ?去年200円だったのでは?残念。

 

会場ではK本さんから声をかけてもらう。

かなり絞り込んでて一瞬誰かわからなかったよ。

選抜クラスもきびしーね。。。

 

帰りはあえての東名を通って。富士川SAで昼ごはん。

油そば、超コッテリ。旨いものは脂肪と糖(炭水化物)で出来ている....

 

 

来年は40代カテゴリー最後の年か。シルバー欲しいな。

| 自転車活動 | 12:16 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
2nd吉野大峯ヒルクライム2018
沈没してたわけじゃないんですよ、ただ更新をサボってただけ。
今年はこれが2レース目。

日曜日、奈良県は吉野ヒルクライムに参戦。桜で有名なあの吉野。

朝4時10分ごろ自宅を出発。すぐ高速道に入り阪神高速神戸線、環状線、南阪奈道路で葛城市、R169。

6時30分には現着も、メインの駐車場は8割がた満車。
朝飯食いながら早速ローラー。受付は7時30分からとの案内であったが、会場のアナウンスでは7時からに早まったみたい。
予定通り7時30分までアップしてから受付。自転車用のナンバープレートをハンドルに、ジャージ用のゼッケンをバックポケットに。チップはフォークにベルクロとめ。
500人規模の大会のため、最終軽量化の列に並ぶ人は少なめ。
ゼッケン順に自転車持って整列した状態で開会式を待つ。
ここで前3列ぐらいに知った顔。ハブ淡路のイベントでご一緒したHさん、Kさんコンビ。
まさかこんなところで、でしたがちょっと気合が入る。
定刻になり、パレードライド、スタート地点までをつづら折れの坂道を下る。
おそらくこのあたりが桜の名所、いまは葉桜でただ緑なだけ。
下まで下ってしばしスタートを待つ。
割と雑なスタート。100名くらいががっさーっと。チップによるネット計測なので慌てない...
けど、Garminの電源入ってない!OMG。
このころは曇りで暑くも寒くもなく、ヒルクライムにはちょうど良かった。
前半はわりと緩斜面。5%ないかな、速度も25kmとか出てます。
ときおり下りも入ってハイペース。後半10%程度ありますが、総じて勾配は緩い。
路面は一部アスファルトに亀裂、前走者で見えずにリアホイールをガリッとやる。
ちょっとショック。サイドカットしてないことを祈りつつライド。
ときおり後ろからきた小集団にさーっと抜かれる。これについていけないと50分切りは無理なんだろうな。
35分の壁も無事通過、エネルギー切れもなくゴール。54分8秒と予定の55分をクリアしたからま、いいか。
1月ほど、全く走ってなかった割には...。
レース中と下りにサーっと降られたが、ずぶ濡れになるほどでもなく、まずまずセーフ。
昼食用に1000円の金券があるので、金峯山寺の参道のお店でランチ、カツ丼セットだったかな?
さすがにサイクリスト多い。一般の観光客の方も雨の割には多いかな。
表彰式もリザルトも見ずに帰る。
途中、大阪あたりでは前が見えないほど大雨。
自宅に帰ると、結構降ったようで、もうどの田も代かきReady!な感じ。
前半緩斜面、後半そこそこ。道幅は広くないので注意。落石箇所もあったが、前日の道路整備のおかげか、走行路面上には石はほぼない。が、舗装悪いところあり、注意。グレーチングも多い。
ときおり入る下りはブラインドコーナーに注意。
| 自転車活動 | 13:35 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
四国の右下ロードライド

 備忘録として。

昨日2017.11.12(日)四国は徳島、「四国の右下ロードライド2017」に参加したので、その記録。

0300 起床
0330 自宅を出発
鳴門ICで下り、R11、徳島道の下をくぐったらすぐ左折で東環状線。
R55を下り、海陽町。
0610 ごろ会場、まぜのおかキャンプ場付近。まだ薄暗いので周囲の状況がよくわからない。
すでに近いところの駐車場は満車のようで、野球場の下の駐車場に。
トイレがあったので結果OK。
受付後、チャリを下ろして準備。
気温がわからなかったので、半、長の両方のジャージを用意して車の中で着替えよう作戦だったのだが、
隣の背の高い車の運転席に女子、あせった(^^;
中で着替えられるように次の車は背高ワゴンにしよう。
0700 開会式、続いて0720頃からスタート開始。
スタート順はロングコースから、ならんだ者順なので開会式のときからゲート前に陣取るように。
0752 スタート
海部川のきれいな流れにそっての快適なライド。寒いのと、風強いのはしかたなし。
集団に無賃乗車させてもらってしのぐ。
0837 第一エイド
1017 美波のローソン着。トイレ待ちの大行列にハマって大幅にタイムロス。手前の給水ポイントか、山の中で。
1039 美波のローソン発。
県道24号からわじき方面へ県道195への曲がり角は独りでぼーっと走ってると見落としそう。
前のライダーが急に曲がったのでなんだろうと注意しましたが...ちょうど集中力も途切れてくるころ。
気をつけなければ。
そのほかのコース案内は問題無し。案内スタッフさんもかなりの人数を用意されていると思う。
1230 半殺しポイント
この前後はアップダウン多し。
1312 日和佐道の駅
脚が残っていれば楽しめそうなサンライン。そうでなければただの苦行。
1427 ゴール(タイム 6時間35分、ガーミンせんせの移動時間は5時間40分)
ゴール後は伊勢エビ汁とおにぎりのお接待なんだけど、エビはアレルギーあるから食えず。残念(T_T)
夏用ジャージにアームウォーマ、薄っぺらのウインドベストで出ましたが、結構寒かった。
ウインドベストを脱いだのはお昼まわってからだったか。
とにかく、終始風が強かった。でも、天気はばっちり快晴。
151km、1430mでアワイチレベルなんですが、こまかなアップダウンが多くて疲れた。
帰りに温泉で汗を流し。ボディソープをローション代わりに脚をマッサージ。
ジジイはこれやっとかないと、翌日歩けん。
| 自転車活動 | 14:46 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
2017マウンテンサイクリングin乗鞍

備忘録として。

 

この土日、長野県は松本市の乗鞍エコーラインをコースとしたヒルクライムレース「マウンテンサイクリングin乗鞍」に参加しました。

朝の7時過ぎに自宅出発、中国道、名神、東海北陸道で高山。
昼飯はゼイタクして道の駅「ななもり清見」で飛騨牛カルビの焼き肉な御膳。

超うまうま!脂がとろけます。これはクライマーが絶対食っちゃいけないヤツです。(^^;

 

高山から安房峠道路を目指して東へ進みますが、正面奥には乗鞍岳の姿がくっきり。
いままでこんなん見たことないくらい、空気が澄んでいます。
前日まで雨だったおかげでしょうか。

 

安房トンネルを通過、上高地への入り口を左手に見、R158を下ります。
普通ならR158からはK84を乗鞍高原へ登って行くのでしょうが、去年からK300で白骨温泉経由で行くことにしています。
道は狭く舗装も相当悪いですが、受付会場周辺の渋滞を回避できるのと、宿へはこちらのほうがアクセスよいので。

宿の駐車場に14:30着。ここを定宿にしておられる愛媛のチョー速い人とも再会できました。
車を置いて、受付会場まで歩いて。ちょっと遠いですが、今日は気持ちのいい散歩。
受付を済ませ、出店ブースをぶらりと覗いてから宿へもどります。

 

ひとふろ浴びて、夕食、そして早めの床へ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レース当日は4時とちょっと早起き。7回目の参加にして、初めてウォーミングアップのローラーをまわします。
もちろん周囲は真っ暗、気温も7、8℃でしょうか。約15分、じんわり汗がにじむくらいで終了。

宿の朝飯を5時からいただいて、その後チェックアウト。
5:45、下山用預け入れ荷物をもって会場へ。
会場では風もなく、日向ではわりと暖かい。着ていたウインドブレーカーもリュックのなかに押し込んで預け入れ。
スタートを待っている間も夏用半袖ジャージ上下、ウォーマーも無しでOKでした。

 

おじさんカテゴリー 7:53スタートです。いつものように、ゆっくりとスタート。
徐々にペースを上げて・・・いきたいのは山々ですが、なぜか心拍が160〜165程度とあまり上がってきません。
踏み込めば上げられるかもしれませんが、前半は脚は使いたくないし。
後半に斜度があがってキツくなるのはわかっていますから、ここはのんびりいきましょう。
中間地点を過ぎ、心拍もようやくじわっと上がって170前後。脚は結構残っています。
シッティングで99%、ダンシングを気分転換に使いながら後半を乗り切ります。
最後までへたれずに回せました、の1時間17分9秒。赤FUJI号のころのパーソナルベストを6年ぶりに更新です。

加齢によるパフォーマンスの低下は機材でカバー。
やっぱカーボンC24は軽いね(^_^;

 

タイムもまずまずでしたが、それ以上のご褒美はやっぱりこの景色!
7回も登ってますが、こんなお天気なのは見たこと無い!
やっぱりアノ方が来ているからなのか。

 

 

ゴール地点で知り合いを探してみますが・・・さすがにコレだけ人が居ると見つけられません。
しかたなく下山の列に並んでいると、、、あっ、晴れ大明神様発見!
ま〜し〜さんでした。すごくお久しぶりです。いつ以来でしょうかね。
その後、一緒にダウンヒル。おつかれさまでした。

 


下山後は会場で完走証をもらいます。タイムも印刷されてるのでこれで正式記録がわかります。


割引券使って風呂に入って、来た道を戻ります。
途中仮眠とったり、お土産に買おうと思った赤福が売り切れだったり、渋滞を避けようと国道8号廻ったら、渋滞の高速より遅くなったり…
日がかわるころ無事帰着。


いろいろ楽しかった乗鞍、ほんとうは今年を最後にして、来年以降は同日開催の別のレースに出ようかなと思ってたのですが。
いや、やっぱり楽しすぎです、乗鞍。

 

---

移動距離、往復で900kmぐらい。往きはよいけど、帰りを考えると特急ひだ輪行のほうがやっぱりいいかな。
乗鞍周辺、工事中で片側通行等何カ所かあったしな。
最終軽量化の際、乗鞍自然保護センターのトイレは40分くらい待ったぞ。仮設トイレに行くべきだった。

 

| 自転車活動 | 15:28 | comments(4) | まんべ | このページのトップへ
7th久万高原ヒルクライムレースに参加

数えれば、このレースにももう5回目の参加。

機材はととのってますが、体は劣化の一途。

 

前日はやっぱりばたばたして、睡眠3時間ほどで2時過ぎに起き。

3時前に出発、7時前に会場着。

受付、検車、荷物預けを済ませてローラー。

陽が当たるところでやったら大汗。

会場をウロウロしてたら知り合いに声をかけてもらった。

やっぱジャージはよく目立つ。

 

 

いつものようにスタート地点まで下って、そこから10名づつスタート。

スキー場入り口まで33分30秒ちょっと、まあまあのペースかと思ったが後半踏めず失速。

ここのコースは後半が斜度がきついので、失速しがちですが、だいたい35分ぐらいでスタミナも切れるので、それが重なってまったく進まず。

 

5出場中、ワースト2の記録。

 

自分の記録はともかく、知り合い二人が年齢別優勝で、表彰式も拝見。

うちひとりは総合でも2位とべらぼうな速さ。スゴすぎます。

 

2012 1時間1分39秒

2013 ーーーーーーー

2014 1時間1分22秒

2015 1時間0分24秒

2016 1時間2分07秒

2017 1時間1分53秒

 

かろうじて踏みとどまっているような気もしますが、ここ何年かは夏場の暑さにやられぎみ。

寝ても翌朝ぐったりだし...(/。\)

 

| 自転車活動 | 10:55 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
瓶が森・四国カルストツーリング「二日目 四国カルスト編

 

一日目の宿は松山市内。デラックスなルームでやたらと広いバストイレ(^^;

心残りは、目星をつけていた「今治焼き鳥」のお店が閉まっていたこと。

これはリベンジしなければ。

 

松山を出発、久万高原を目指します。とある道の駅にデポしたら、帰りには「長時間の目的外使用はご遠慮ください」

との張り紙。ごめんなさい、もうしません...m(_ _)m

 

通称「軍艦岩」のそばを通り過ぎ、R33を南下。

 

R440へ、ループを上り、長いトンネルを上る。このトンネルは歩道が広かったので、そちらを走行するのが安全。

合格間違いなし!なバス停で休憩し。

 

K36経由で大野ヶ原へ。車で地芳峠に向かうには、K36に入ってまもなく左折のショートカットがあるのですが、今回はK36をそのまま進みます。この道は交通量も少なく、木漏れ日の下の快適な道。勾配も緩いので、自転車にもお勧め。特に真夏は。

ただ、道は狭いところがあるので、たまに通る車には注意です。

 

視界が開けてきたとおもったら、大野ヶ原到着です。ここも、四国カルストの西の端、カルスト台地っぽい、開けた景色が気持ちいい。

 

大野ヶ原からは尾根筋にあるK383を通って地芳峠を目指します。

前方奥には、いまから向かう四国カルストの象徴、五段城も見えています。

 

地芳峠を過ぎ、しばらく走ればほどなく姫鶴平。ここにあるレストランで昼食をとることになるのですが、3連休の最終日ということもあってか、なかなか注文の処理が追いついてない様子。ホールもキッチンも割と高齢な方ばかり。アルバイトの学生でも雇ったほうがよいのでは、とは、要らぬ詮索。

 

 

ちょっと雲は多めでしたが、水蒸気は少なめ、遠い稜線までよく見えてます。

 

くまさんもご満悦。

 

・・・帰り道、上は快適だったのですが、下りてくるとうだるような暑さ。たまらず水辺を見つけて涼をえる。

 

砥部の温泉で汗を流して、無事帰路へ。

 

| 自転車活動 | 10:00 | comments(4) | まんべ | このページのトップへ
瓶が森・四国カルストツーリング「一日目 瓶が森編」

しばらくブログを更新してなかったら、書き方も忘れてしまった...orz

 

ま、内容も大したことはありませんから、気楽に行きます。備忘録です。

 

 

7月16日、日曜日。朝6時に某ICの駐車場にてヨシさんと待ち合わせ。

自転車を積み込んで高速を南下。徳島道、松山道、いよ西条で下りてR194。

四国一長いという寒風山トンネルを抜け、道の駅木の香へ。

 

10:00すぎ、出発。R194を少し戻り、寒風山トンネルの手前を右手へ。瓶が森を目指し森の中を登ります。

平地よりかは幾分標高も高いし、木立のなかは涼しく、快適な上り。

 

道はそんなに広くはありませんが、路面は意外と良く、走行になんら支障はありません。

最初は勾配も最初はそれほどではなく、快適な山岳ツーリング。

ですが、上に行くほど勾配も徐々にキツくなっていきます。

 

12:00すこしまわったところで、目の前にとびこんできましたUFOライン。

最初はちょっと雲がかかっていましたが、しばらくすると奇麗に晴れました。

当初の天気予報を覆す、ヨシさんの千光寺参りが功を奏す。いや、ご利益ありますね。

 

 

さらに進んで瓶が森を目指します。

 

とーちゃく。噂通り、ブヨがたくさん飛び交っています。じっとしてるとすぐ寄ってきます。

なぜか自転車にも集っています。何にあつまるんでしょうね。

 

道の駅木の香の温泉で汗を流して、宿のある松山へ。もう、陽もかたむいているというのに灼熱地獄のよう。

松山って暑いね・・・

 

二日目「四国カルスト編」へつづつ。

| 自転車活動 | 18:40 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
2017菰野ヒルクライムに参加

備忘録として。

最近、すっかりブログ更新サボってますが、Facebookだと過去記事さかのぼるのが面倒なので、やっぱりここにも記録しておかないと。数人ですが、読んでくれてる方もいるみたいですしw

 

3月26日、三重県は菰野ヒルクライム参加。いつもシーズン初っ端のレースとしてはコレ。ぎりぎり当日朝出発OKですし。

たしかAM3時過ぎに出発、6時過ぎに会場周辺駐車場着。鈴鹿ICで下りて一般道のパターン。

菰野町はすでに小雨。めちゃくちゃ寒いというほどでもないが。新調したウインドブレーカーは結構優秀みたい。

ローラーでアップしようと思ったら、クイックを忘れた!諦めて会場へ。

することなくスタートまでの時間を持て余す。

 

小雨の中、集合。スタート地点へ移動し、到着したらすぐスタート。

このあたりは待たされないのでいいのだけど、栄養補給と最終トイレは集合までにすませておくこと。

あと集合の列には前のほうに並ぶこと。

 

ガーミン気温によるとスタート6度、ゴール0度。さすがに半袖ジャージでは無理で、春秋用の長ジャージ着用でレース。

 

 

クラス17位/101人。

Avg.HRは177で目一杯踏みましたが、記録はこんなもん。6位入賞するにはFTP245Wと体重55kgが必要か。

要するに1割速くならないとダメってことで。

| 自転車活動 | 23:59 | comments(3) | まんべ | このページのトップへ
先山アタック

先山アタック1本のみ。

Stravaに設定されている「先山Climb」で17′57″。自己ベストを10秒だけ更新。

伸びがありませんね...┐(/。\)┌

| 自転車活動 | 23:59 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ
ヒルクライムinダルガ峰2016

去年は参加できなかった、この大会。今年はヨシさんと二人で参加。

2年ぶりに挑戦してみますが、さて...

 

AM5:00、市内某駐車場で、ヨシさんと待ち合わせ。

今年は連れが居て楽しい道中。

 

朝の国道を北上、空いているので上道と大して変わらず。

神戸淡路鳴門道に乗り、第2神明へのはずが、間違って出口へ行ってしまった!

ついいつもの○○寿司に向かう癖で・・・(/。\)

 

気を取り直し、姫路バイパス、R29を経由して中国道、鳥取道。西粟倉ICで下りれば、会場はすぐ。

到着が7:20とちょっと早かったので、会場横の駐車場に滑り込む。

いつもより、ほんの10分ほど早いだけでしたが、この駐車場は会場近くていろいろ便利。

 

空は雲がかかっていますが、雨の心配はなさそう。気温もやや高め。20度くらいか。

自転車を下ろして、まずは受付。そのあとローラーでアップしますが、湿度高くてすぐに汗だく。

軽く30分もまわせば、ひとレース終わってきたみたいな顔。

 

9時過ぎから、開会式。いつもどおり、そのあとは各自、スタート地点へ移動。

10時からクラスごとに順次スタート。写真が無いのはいつものこと。

カメラ重いから...(;^_^A

ヨシさんは、オープンDのクラスなので、オープンCの私が先にスタート。

ローラーアップでひと汗かいたおかげか、割と脚が回っているような...気のせいでした(>_<)

 

序盤の激坂エリアを過ぎ、軽い下りになるあたりで約33分、その後の緩斜面でも踏めずに13分。

結局46分もかかってしまいました。毎年、順調に1分ずつ遅くなってます・・・

 

ゴール地点で休憩していると、しばらくしてヨシさんが見えてきました。

フィニッシュラインの手前で一人かわして、ゴール。

スタート前に目標にしていた1時間切りも果たして、すっかり羽が生えたよう。

いや、自転車のせいではありませんよ、それは日頃の鍛錬の成果。

山もばりばり走って練習していましたもんね。おめでとうございます。

ヨシさん、写真を拝借いたしましたm(_ _)m

 

さて、下山してからはいつもの豚汁の振る舞い。

ちょいピリ辛がいい感じ。

割引券使って近くの国民宿舎のお風呂でさっぱり。

会場に戻ると、そろそろ表彰式。

 

そこまでは普段と変わらないのですが、今年は景品をかけてのジャンケン大会がありました。

ヨシさん、さっそくなにやらゲット!さらに自転車をかけてのジャンケンでも残っていましたが・・・

 

残念!あと一回勝てば自転車ゲットできたかも!でした・・・(^_^;

 

 

さて、お昼もまわってお腹もすいてきたので、どこかでランチにしようかと、車に向かっていたら、

カフェの前で知り合いの方を見かけ。

実はこの方、先月のマウンテンサイクリングin乗鞍で同部屋だった方。

しかも、年代別で入賞。今日は年代別の優勝と、とんでもない速い方なんです!すごすぎです。

 

お近づきになりたいわ〜と、ランチをご一緒に。

楽しいランチタイムになりました。しかも、美味!

 

 

 

来年の「若杉」ではグリーンカレーを食べようと心に決めたのでした(;^_^A

 

ヨシさん、お疲れさまでした。今年は機材も、気合いも十分で、すっかり羽が生えましたね。

いや、まだですか?・・・じゃ、アレ、いっときますか?

| 自転車活動 | 19:24 | comments(2) | まんべ | このページのトップへ